『NISAの相談窓口とは?銀行や専門の窓口など特徴ごとに解説』

コラム

2023/08/04

『札幌で早期退職をした方向けの資産運用相談先~FIREについて~』

FIRE・早期退職を考えていても「まず何をすべきか」「自分に合った資産運用のプランが分からない」という方は少なくありません。 はじめ方や計画の立て方、資産運用のポイントが分からないために、FIRE・早期退職のための第一歩を踏み出せないこともあります。   札幌でFIRE・早期退職を実現するならまず何をすべきなのでしょう。 そして、どこに相談すべきなのでしょう。 FIRE・早期退職のためにまずすべきことや相談先についてご紹介します。   ■FIREとは   FIREとは経済的自立を備えた早期退職のことです。 従来の早期退職は退職後の生活資金を準備し、退職後は準備した資金や資産で生活するという早期リタイアの方法でした。 そのため所得の多い人や富裕層、多額の親族の資産を相続した人、投資で大成功した人などが中心でした。 また、早期退職後は準備した資金や自己資産を取り崩して生活することが基本です。 FIREも早期退職の一種ですが、従来の資産を取り崩して生活するタイプの早期退職とは考え方が違っています。   FIREでは「25倍ルール」「4%ルール」に基づいて資産運用の資金を準備し、早期退職後は資産の運用益を生活費に充てます。 現在手元にある資産を取り崩さない状態(経済的自立)を作り上げて早期退職することがFIREです。 FIREでは次のような考え方で早期退職します。   ・FIREの早期退職ではまず年間生活費の25倍の資金を準備する ・FIRE達成後は4%の資産運用益を出して生活費に充てる   たとえば年間の生活費が300万円だとします。 300万円の25倍は7,500万円です。資産運用・投資・収支の状態・預金などを駆使して、まずは7,500万円を準備します。 この7,500万円を4%で運用すると、資産運用益は300万円です。 1年あたりの生活費と同じ金額になります。 4%の資産運用益を生活費に充てることで早期退職後も経済的に自立しながら生活する方法がFIREです。   ■FIRE相談室について   FIREによる早期退職を目指す際に「まずは何をすべき?」と悩むのではないでしょうか。 FIREによる早期退職を達成するためには、早期退職後も運用益で生活できる仕組みを作り上げなければいけません。 その...

2023/07/06

『札幌のFIRE相談室で資産形成をして早期退職を目指しませんか?その魅力について徹底解説します!』

FIREと従来の早期リタイアは混同されることも珍しくありません。 FIREと従来の早期リタイアは、最終的にリタイアするという点では同じです。 ですが、FIREと従来の早期リタイアには違いがあります。 札幌のFIRE相談室が「FIREと従来の早期リタイアの違い」について解説します。   ■FIREでの早期リタイアと従来との違い   FIREと従来の早期リタイアでは資産形成についての考え方が違います。   従来の早期リタイアは、リタイア後も生活できる資産形成を行い、その上で仕事をリタイアします。 会社員として生活をしていたら父親が亡くなり遺産相続しました。 父親は札幌の資産家として知られた人物でした。 遺産は今後働かなくても生活できる額です。 今後は遺産で生活することにして、思い切って早期リタイアしました。 これが従来の早期リタイアの事例です。 リタイア時点で資産形成したお金で生活する。 これが従来の早期リタイアです。   FIREの場合は早期リタイア前に資産形成したお金を運用し、運用益を生活費に充てます。 つまり、資産形成したお金に働いてもらい、生活費を捻出しながらリタイア生活を送るのがFIREになります。 また、従来の早期リタイアは資産形成したお金で生活するのが基本です。 対してFIREはさまざまなタイプがあります。 完全に早期リタイアする人から、無理のない範囲で仕事をする人もいます。 フルタイムの仕事を辞めて週に2日だけ自分の資格で仕事をするなどが具体例です。   ■メリットとデメリット   従来の早期リタイアと比較して、FIREには次のようなメリットとデメリットがあります。   ・FIREのメリット   FIREのメリットは自分に合った早期リタイアを実現できることです。 従来の早期リタイアは、資産形成した財産でリタイア後の生活を送ることが前提でした。 そのため、資産に余裕のある富裕層や多くの遺産を相続した人でもなければ難しかったのです。 FIREには資産運用をして完全に仕事を辞める方法もあれば、自分のペースで収入を得ながらセミリタイアする方法もあります。 資産形成のペースやライフスタイルに合わせて早期リタイアできます。   ・FIREのデメリット   FIREと従...

2023/06/01

『初心者におすすめの資産運用を札幌のFIRE相談室がお答えします』

資産運用の初心者は方法で悩みがちです。 資産運用には株式や投資信託などさまざまな方法があるため「どの方法がいいの?」と困ってしまうのです。 札幌の資産運用・FIREの相談窓口が資産運用初心者に2つのポイントを説明します。   ・初心者が知っておきたい資産運用の主な方法 ・初心者が資産運用で失敗しないためのコツ   ■主な資産運用方法について   資産運用とは「資産を増やすこと、そして資産を貯めること」です。 資産運用では預金や投資を目的や方針に合わせて使い分ける必要があります。 札幌で資産運用をはじめたい初心者が知っておきたいのは「預金と投資の違い」や「資産運用の各方法」です。   ・資産運用の投資と預金の違いとは   資産運用における投資とは資産を金融商品に振り分けて成長させることです。 たとえばAという金融商品があり、この金融商品に10万円投資しました。 Aは常に値動きしています。Aに投資したときより値上がりしたタイミングで売却したところ11万円になりました。 資産を1万円増やした計算になります。 投資はこのように資産を増やすことを言います。   預金はお金を貯めておくこと、プールしておくことです。 預金金利が低い現在、銀行預金で資産を増やすことは難しい状況です。 そのため、預金は基本的に資産を減らさないことや貯めておくことを目的に使われています。   ・初心者が知っておきたい主な資産運用の方法   資産運用の方法には株式投資や投資信託、債券投資、不動産投資、外貨投資などの方法があります。 近年では仮想通貨などもよく話題になることがあります。 資産運用の基本的な考え方は分散投資です。 いろいろな金融商品や銘柄に資産を分散させることでリスクを軽減させる資産運用の方法になります。 株式や債券、投資信託などさまざまな資産運用方法、金融商品に、目的や投資方針に合わせて資産を振り分けることになります。   ■初心者が失敗しないためのコツ   資産運用では株式などいろいろな方法が登場するため、初心者は「どの金融商品に投資すべき?」「どの資産運用方法を使うべき?」と迷ってしまうことが少なくありません。 初心者が資産運用で成功するためには、まずは資産運用や金融商品について知ること...

2023/05/12

『早期退職を考えるなら投資を始めましょう。札幌のFIRE相談室が投資について教えます』

FIREに税金はかかるのでしょうか。 FIREを目指している方のよくある疑問に札幌のFIRE相談室が回答します。   ■FIREでの税金について   FIREで税金がかかるかどうかは、   ・税金がかかるケース ・税金がかからないケース   2つのパターンがあります。   まずFIRE達成のために資産運用を頑張っているときですが、このタイミングでは税金がかかるケースとかからないケースがあります。 FIRE達成のための資産運用にNISAを使っている場合は、NISAの条件の範囲内であれば非課税です。 ただ、NISAを使っていない分あるいは最初からNISAを使っていない場合はFIREを目的とした資産運用にも税金がかかりますので注意してください。 このように、FIREの達成を目的としている資産運用には「税金がかかるケース」と「税金がかからないケース」があるわけです。   FIRE達成後の資産運用も同じです。 FIRE達成後は4%ルールで資産を運用し、投資で得た利益を生活費に充てます。 FIRE達成後も税金がかかるケースと、税金がかからないケースがあります。 FIRE達成前と同じくNISAを利用し条件の範囲内で資産運用している分に関しては非課税です。 ただ、NISAを使っていない場合やNISA外で資産運用している分については税金がかかりますので注意してください。   NISAの枠には限りがあります。 NISAの枠がある程度限られている以上、FIRE達成後の生活費として捻出できる分にも限りがあります。 FIRE達成後に資産をすべてNISA枠内で運用することは難しいと考えた方が良いでしょう。 FIRE達成を目的としている、あるいはFIREを達成したという場合は、資産運用に税金がかかることを想定して行う必要があります。   ■札幌でおすすめの相談先   FIREでは税金がかかることを想定する必要があるからこそ、FIREの計画を立てるときも税金を視野に入れることが重要です。 そうしておかないと、後から「税金分を考えていなかったためFIREの計画が狂ってしまった」「税金について考えていなかったため、FIRE達成後の札幌の生活でお金が足りなくなってしまった」となってしまいます。 FIREの税金以外に...

2023/04/13

『早期退職を考えるなら投資を始めましょう。札幌のFIRE相談室が投資について教えます』

給与などの収入を貯めるだけで早期退職しようと思っても「なかなか貯まらない」「お金が足りない」というケースは少なくありません。 早期退職を考えるなら投資で資産を増やしてはいかがでしょう。   札幌のFIRE相談室が、   ・投資にはどんなものがあるの? ・早期退職に必要なこと   資産運用・FIRE・早期退職のために知っておきたい基礎知識を解説します。   ■投資とはどんなものがあるか   投資には債券や株式、不動産などがあります。 各種の投資方法や銘柄に分散して投資することを「分散投資」といい、資産運用・早期退職を目的とした投資でよく行われています。 早期退職を目的とした投資の主な方法について見ていきましょう。   ・株式投資   会社が発行する株式に投資する方法です。 株価が値下がりしたときに購入し、値上がりしたタイミングで売却できれば利益を得られます。 株式によっては配当や株主優待を受け取ることも可能です。 ただし、株価は変動しているので、買ったときより値下がりするリスクもあります。   ・債券投資   企業や地方公共団体、国などにお金を貸して(投資して)約束の日にやったら貸した金額を返してもらえるという投資方法です。 お金を貸している期間は基本的に利息を受け取れます。 ただし、お金を貸した国や団体、企業などが破綻して返済を受けられないリスクなどが考えられます。   ・投資信託への投資   投資信託はプロが株式や債券など、さまざまな金融商品や銘柄を組み合わせて運用しています。 プロが運用する金融商品のセットメニューに投資して分配を受けたり、投資信託の価格が変動したら売却して利益を得たりする投資方法です。 投資信託には多数の種類があり、リスクやリターンは銘柄によってかなり変わってきます。   ・その他の投資   不動産投資や保険を利用した資産運用方法などがあります。 不動産投資には賃貸経営や不動産の売買を利用したもの、REIT(不動産投資信託)などがあります。   ■早期退職に必要なこと   早期退職に必要なのは、   ・早期退職のために必要な金額を把握すること ・早期退職の必要金額(目標)に向かって投資や...

2023/03/17

『札幌のFIRE相談室で必要金額を計算してみませんか?』

  資産運用をはじめたいという方からよく受ける質問に「資産運用はいくらからできる?」「資産運用に必要な金額はいくら?」というものがあります。 資産運用をはじめるにあたって必要金額がよく分からないという相談です。   資産運用をはじめるための必要金額はいくらからなのでしょうか。 札幌のFIRE相談室がこれから資産運用をはじめたい方に分かりやすく解説します。   ■資産運用はいくらから始めるか   資産運用のためには高額が必要だと勘違いしている方も少なくありません。 資産運用とは「資産(お金や不動産など)を投資や預金などの方法で運用し、貯めたり増やしたりすること」です。資産運用をするための必要金額は必ずしもまとまった金額でなくても大丈夫です。 極端な話、1円から資産運用することも可能です。   たとえば、老後資金のため収入から少しずつお金を貯めたいと考えていました。 貯金箱に毎日1円ずつ貯めることも立派な資産運用だと言えるでしょう。   ただ、資産運用に使える金融商品やサービスは「いくらから投資できます(買えます)」と決まっていることも少なくありません。 また、資産運用は「FIREを達成したい」「老後資金を準備したい」など人それぞれに目的がありますので、   ・資産運用のために利用するサービス ・資産運用で投資する金融商品 ・資産運用の目的   などに合わせて必要金額を決めることがポイントです。 サービスや金融商品、目的などによって必要金額を決め、計画を立てて資産を運用して行くことが重要になります。   資産運用の目的が老後資金だったとします。 この場合、やみくもに必要金額を決めれば良いわけではなく、将来的な収入や現在の資産状況、収入や支出などさまざまなポイントを考慮して必要金額を決める必要があるのです。   ・自分が資産運用をはじめる場合、必要金額はいくらか? ・FIREを達成したいが資産運用の必要金額はいくら? ・資産運用で目標達成する場合の金額的ゴールはいくらか?   と言う場合は、札幌のFIRE相談室にご相談ください。 老後資金やFIREなど資産運用の目的などもヒアリングした上で、必要金額についてアドバイスいたします。   ■必要金額までに大切...

2023/02/20

『札幌市で資産運用ならFIRE相談室にご相談下さい。』

  資産運用とはお金を預金や投資で運用し増やすこと、目的に合わせて管理することを言います。   資産運用に興味があっても、   ・資産運用にはどのような方法があるのか ・具体的にどのような方法を使えばいいのか ・自分に合った資産運用の方法とは   と悩んでしまうことがあります。   この記事では札幌市の資産運用・FIREの相談窓口が資産運用方法や注意点について説明します。   ■資産運用における運用方法について   資産運用には株式投資や預金、投資信託への投資といった方法があります。 資産運用の各方法は組み合わせることも可能です。   たとえば、売却益を多く得たいと思っているなら株式投資をメインにして資産運用する方法があります。 リスクをおさえながら資産運用したいということであれば、手堅い債券や投資信託で資産運用する方法などが考えられます。 資産運用は専門の窓口に相談して、目的や方針に合わせて組み合わせを考えること、使い分けることが重要です。   ・株式 ・投資信託 ・債券 ・不動産 ・預金   資産運用の各方法は特徴やメリット、デメリットなどが異なります。 預金はお金を安心して貯めることができますが、金利が低いため増やすことには向きません。 株式は売買益や配当などを目的とした資産運用方法です。株価は常に変動するため、株式を100円で買って110円で売却すれば利益を得られます。 しかしながら、株価が90円に下がってしまうと損失が出てしまうのです。   このように、資産運用に使われる各方法には特徴があります。 特徴を踏まえて自分の目的に合った方法や組み合わせを選ぶためにも、資産運用の方法ごとに特徴を把握しておくことは重要です。   ■資産運用を行う際に注意すべきこと   札幌市で「資産運用に興味がある」「資産運用を検討している」という場合は、まずは資産運用の目的や方針について考えることが重要です。   たとえば、札幌市に住む30代のAさんは目的が老後資金の準備だったとします。 老後資金を準備するため、ある程度のリスクは覚悟の上で積極的にリターンを得たいと考えていました。 札幌市に住むBさんはもうすぐリタイア年齢になるため、現在プー...

2023/01/16

『札幌市で早期退職したい方、FIRE相談室にご相談下さい。』

札幌市で早期退職を検討している方は「どのような方法があるのか」「まず何をすべきか」で悩むことも少なくありません。 早期退職方法には「FIRE」があります。 この記事では早期退職の方法であるFIREと、FIRE相談室が行っているFIREのサポート内容について説明します。   ■早期退職が実現できるFIREについて   FIREとは「早期退職と経済的な自立を両立させる方法」です。   早期退職をしても収入がなく生活に困っては大変です。 FIREでは早期退職前に生活に困らないための準備をしておきます。   FIREはリタイア後に資産運用の運用益を生活費に充てるという特徴があります。 たとえば、毎月の生活費が20万円だったとします。 早期退職後も月20万円の生活費を運用益で賄えれば生活に困窮することはありません。   FIREでは月々の生活費を資産運用の運用益で捻出するため、次のようなルールで資産運用資金を準備します。   ・年の生活費の25倍を準備する ・4%ルール   年の生活費が20万×12カ月であれば、年間生活費は240万円になります。 FIREでは年の生活費の25倍を準備して資産運用します。 年の生活費の25倍の資金を準備して4%で運用すれば、運用益で生活費を賄うことが可能です。 FIREでは「年間生活費の25倍」「4%ルール」という2つの考え方を基礎にして早期リタイアの準備を進めます。 そして、準備が整った段階、あるいは自分が決めた年齢まで準備を整えて早期退職を実現するという流れです。 これが早期退職と経済的な自立を両立させるFIREという方法になります。   ■当社で提供している事業について   FIRE相談室は早期退職と経済的な自立であるFIREを達成していただくためにサポートを行っている相談窓口です。 たとえば、早めにリタイアして趣味に時間を多く割きたいと思っていたとします。 しかし、現実として「お金がないと生活できない」という問題があります。 運用益を生活費に充てようと思っても、どのくらいの資金を準備すればいいのか分かりませんでした。 また、資産運用の際にどのような金融商品や計画で運用すべきか迷っていました。 このようなケースでは当FIRE相談室がFIRE達成のため...

2022/12/14

『札幌で資産運用ならFIRE相談室にお任せください』

「資産運用」という言葉を耳にするものの、具体的に何をすれば良いのか分からないという方は少なくありません。   資産運用とは「自分の資産を投資や預金などに分配して増やす(運用する)こと」です。 資産運用と言えばどうしても株式や投資信託などを想像しがちです。 資産運用とは投資や貯蓄を使い分け、自分の資産を増やし守ることを意味します。   FIRE相談室は札幌で資産運用のご相談を承っています。 「資産運用に興味がある」「まず何をすればいいの?」「FIREを検討している」資産運用でお悩みの方はFIRE相談室へお気軽にご相談ください。   ■資産運用する流れについて   資産運用には基本的な流れはありますが、「絶対にこの運用からはじめなければならない」というルールはありません。 資産運用に慣れてくると次第に自分流の流れを掴めるようになります。   札幌で資産運用をする場合は次のような流れが基本になります。   ・資産運用について学ぶ ・資産運用の方針や目的を検討する ・預金や株式、投資信託など金融商品やサービスについて情報収集する ・資産運用の予算や各金融商品への分配を検討する ・資産運用に必要なサービスを契約する(口座開設など) ・資産運用をスタートする ・金融商品や分配、目的、状況などをこまめに確認する   資産運用をこれからはじめたい方やFIREを達成したい方、資産運用に興味はあるが何をしたら良いのか分からないという方は、プロに相談して流れを掴みながら行うことをおすすめします。 また、資産運用にある程度慣れて流れを掴んでも、金融商品は次から次へと新しいものが出るうえに、資産運用を取り巻く状況も変わってくることが基本です。 資産運用に慣れてきた方でも分からないことがあれば、プロに相談しながら資産運用することをおすすめします。   ■当社の運用する際のサポートについて   札幌のFIRE相談室は目的にあわせた資産運用をサポートしている相談室です。   一言に資産運用と言っても目的や方針はさまざまです。「FIREを検討している」という方もいれば、「老後の備えをしたい」という方もいます。 預金利息が期待できないため、より良いサービスを探しているという方もいます。 また、資産運用の...

2022/11/01

『資産運用のメリット・デメリットについて詳しくご紹介』

資産運用とは、自分のお金などの資産を投資や預金などに分配することで「資産を増やす」「資産を貯める」ことです。 たとえば100万円の資産を運用する場合、50万円を預金に分配し、残りの50万円を投資に回しました。 50万円は銀行預金で貯めることになり、投資分は上手く取引することで増やすことが可能です。 これはあくまで簡単な事例ですが、資産運用では自分の資産を預金や金融商品などに分配することにより、増やしたり、貯めたりします。   今回の記事では資産運用のメリット・デメリットについて分かりやすく説明します。   ■資産運用のメリット・デメリット   資産運用の一般的なメリットとデメリットは次の通りです。   ・資産運用のメリット   資産運用のメリットは効率的にお金などの資産を増やせる可能性があることです。 また、投資と預金を使い分けることで資産を守ることにも繋がります。 資産運用の自分で金融商品や資産運用のコツを調べることがあります。 専門家にアドバイスを受けるケースも少なくありません。 そのため、金融や税金の知識を学べることもメリットです。   ・資産運用のデメリット   資産運用のデメリットはリスクがある点です。 特に投資の場合、資産が目減りするリスクが考えられます。   たとえば株式に投資したとします。買ったときは株価が100円でした。 しかし、売却するときは50円でした。株式投資では株価が下がることにより、資産に損失を出す可能性があります。 リスクがあるのは株式だけではありません。 資産運用で使う投資信託や債券など金融商品の種類ごとにリスクがあります。   ■FIRE相談室の資産運用について   資産運用の特徴は「目的を持って行われることが多い」ところです。   たとえば、老後資金の準備をはじめたいとします。 このようなケースでは退職年齢や現在の資産、老後の生活費などから準備すべき老後資金を計算して、預金や投資を使い分けて老後資金の準備をします。 老後資金の準備が資産運用の目的であると言えるでしょう。 資産運用は目的によって選択すべき方法や金融商品が変わってくるため、目的を設定すること、明確にすることは重要です。   当FIRE相談室は一般的な...

CONTACT相談・お問い合わせ

老後の資金やお子様の大学資金などの
資産形成のご相談もお受けしております。

受付時間 9:00~17:00(土日祝を除く)