『資産運用のメリット・デメリットについて詳しくご紹介』

コラム

2022/11/01

『資産運用のメリット・デメリットについて詳しくご紹介』

資産運用とは、自分のお金などの資産を投資や預金などに分配することで「資産を増やす」「資産を貯める」ことです。 たとえば100万円の資産を運用する場合、50万円を預金に分配し、残りの50万円を投資に回しました。 50万円は銀行預金で貯めることになり、投資分は上手く取引することで増やすことが可能です。 これはあくまで簡単な事例ですが、資産運用では自分の資産を預金や金融商品などに分配することにより、増やしたり、貯めたりします。   今回の記事では資産運用のメリット・デメリットについて分かりやすく説明します。   ■資産運用のメリット・デメリット   資産運用の一般的なメリットとデメリットは次の通りです。   ・資産運用のメリット   資産運用のメリットは効率的にお金などの資産を増やせる可能性があることです。 また、投資と預金を使い分けることで資産を守ることにも繋がります。 資産運用の自分で金融商品や資産運用のコツを調べることがあります。 専門家にアドバイスを受けるケースも少なくありません。 そのため、金融や税金の知識を学べることもメリットです。   ・資産運用のデメリット   資産運用のデメリットはリスクがある点です。 特に投資の場合、資産が目減りするリスクが考えられます。   たとえば株式に投資したとします。買ったときは株価が100円でした。 しかし、売却するときは50円でした。株式投資では株価が下がることにより、資産に損失を出す可能性があります。 リスクがあるのは株式だけではありません。 資産運用で使う投資信託や債券など金融商品の種類ごとにリスクがあります。   ■FIRE相談室の資産運用について   資産運用の特徴は「目的を持って行われることが多い」ところです。   たとえば、老後資金の準備をはじめたいとします。 このようなケースでは退職年齢や現在の資産、老後の生活費などから準備すべき老後資金を計算して、預金や投資を使い分けて老後資金の準備をします。 老後資金の準備が資産運用の目的であると言えるでしょう。 資産運用は目的によって選択すべき方法や金融商品が変わってくるため、目的を設定すること、明確にすることは重要です。   当FIRE相談室は一般的な...

2022/10/14

『誰もが目指す早期退職のメリットについて』

仕事で毎日忙しくしていると「早期退職をしたい」と考えてしまうのではないでしょうか。   早期退職にはメリットとデメリットがあります。 早期退職を検討するならメリットとデメリットを把握したうえで決めることが重要です。   北海道・札幌市のFIRE相談室が早期退職のメリットとデメリットについて解説します。   ■早期退職とは   早期退職とは「仕事を一般的な退職年齢より早く早期に退職すること」です。 早期退職にはさまざまなパターンがあり、そのうちのひとつがFIREになります。   FIREとは「経済的な自立と早期退職」のことです。 一般的な早期退職は「退職年齢より早めに退職すること」ですが、FIREの場合は経済的な自立が伴います。 経済的な自立が伴うという点で、FIREは計画的な早期退職と言えるかもしれません。   早期退職の場合は退職年齢より早期に仕事を辞めることです。 必ずしも経済的に自立している必要はありません。 対してFIREは早期退職後に資産運用のリターンで生活費を賄うため、早期退職の前に資産運用の元手を準備し、4%ルールなどの基本的なFIREの考え方を身に着けて実践できる状態にしておく必要があります。   早期退職はFIREを含む「退職年齢より早めに仕事を辞めること」全般を指す広い意味の言葉だと解釈すれば分かりやすいかもしれません。   ■早期退職を行うことによるメリットとデメリットについて   早期退職にはメリットとデメリットがあります。 早期退職を考えている場合はメリットだけでなく、デメリットにも目を向けることが重要です。   ・早期退職のメリット   早期退職のメリットは自由時間が多くなることや、健康に配慮できる点です。   早期退職をすると今まで仕事をしていた時間を趣味などに充てることが可能です。 自由に使える時間が増えることはメリットではないでしょうか。   在職中に健康不安があって方に関しては、仕事を早期に辞めることで自身の体に配慮することも可能です。 仕事で疲れた体を早期に休められるというメリットがあります。   ・早期退職のデメリット   早期退職のデメリットは収入です。 多くの方は退職年齢まで...

2022/09/15

『資産運用のメリット、デメリットはご存じですか?|資産運用ならFIRE相談室にご相談下さい』

FIREとは「Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)」のことです。 若いうちに投資の元本を蓄え、運用益で生活できるようになった時点で仕事をリタイアします。 投資の元本を蓄えることや運用益で生活することから、FIREに対して「一般的な資産運用と同じではないか?」と疑問を持つ方もいらっしゃいます。   FIREと一般的な資産運用は異なります。 FIREと一般的な資産運用ではメリットやデメリットも違っているのです。 この記事では一般的な資産運用とFIREの違いを、メリット・デメリットの側面から解説します。   ■一般的な資産運用によるメリット、デメリットについて   一般的な資産運用とは、自分の資産(お金)を投資や預金などに分配して増やすことや貯めることを言います。 一言に資産運用といっても目的は人それぞれで、「老後のために資産を貯めたい」とう人もいれば、「投資で効率よく資産を増やしたい」という人もいます。 目的の違いも含めて資産を投資や預金に分配し増やすこと、守ること、運用することが資産運用です。   一般的な資産運用には次のようなメリットとデメリットがあります。   ・一般的な資産運用のメリット   一般的な資産運用は「目的が明確でなくてもはじめられる」というメリットがあります。 具体的な計画や目的がなくても、手元の資産を株式や投資信託、債券などいろいろな方法で資産運用可能です。 詳細な計画を立てなければ資産運用できないわけでもないので、初心者や「とりあえずやってみよう」と興味を持った方でもはじめやすいというメリットもあります。   ・一般的な資産運用のデメリット   一般的な資産運用のデメリットは「目的が抽象的になりがちで、続けることが難しい」という点です。 たとえば、老後の生活費のために資産運用をはじめたとします。 老後の生活費という目的だけでは「いくら資金を用意すればいいのか」「ゴールはどこなのか」あやふやになりがちです。 目的やゴールが抽象的になってしまうために息切れして嫌になってしまう方や、途中でやめてしまう方もいます。   ■FIREによる資産運用のメリット、デメリットについて   FIREは経済...

2022/08/17

『資産運用とは将来への投資|札幌にあるFIRE相談室がご紹介します』

資産運用とは資産を預金や株式、投資信託、債券などに分配して運用し、将来や目的のために育てることを言います。 資産運用は目的の違いによってゴールの設定や適した方法や金融商品、考え方などが違ってくるのが特徴です。 この記事では資産運用を「一般的なもの」と「FIREによるもの」に分けて説明します。   ■一般的な資産運用方法   一般的な資産運用とは「お金を増やすこと」や「資産管理」「老後資金の準備」などを目的に行われることが多いと言えます。 資産運用と言われると、2,000万円問題など老後資金の問題が取り上げられることも多いため、投資や預金などで資産を育て将来のために備えることを想像する方は少なくないはずです。 すでにある程度の資産を持っている方は、その資産を減らさないように守るにはどうすべきか考えて運用するケースもあります。   一般的な資産運用では目的や投資の方針、資産状況などにあわせて資産運用の方法やリスク許容度を決めます。 個人の資産や目的、資産状況は十人十色だからこそ、一般的な資産運用は人によってかなり違うと言えるでしょう。   たとえば、札幌市に住んでいるある人は資産運用で特に増やすことを重視しており、多少のリスクは問題ないと考えていたとします。 この場合はリターンが多く、値動きのある金融商品を選んで資産運用することが考えられます。 対して資産を守りたいなら、あまり値動きせず安全性の高い金融商品を組み合わせて資産運用するプランが考えられるはずです。 一般的な資産運用とは、目的や方針によってかなり違ってきます。   ■FIREによる資産運用方法   FIREによる資産運用とは「経済的自立による早期リタイアの実現」「年間支出の25倍の資産を準備する」「4%ルール」を主軸にしています。 年間支出の25倍の資産を準備し、経済的自立と早期のリタイアを実現、そして4%ルールにより生活をすることがFIREによる資産運用です。   たとえば、札幌市に住んでいるある人がFIREを達成したいと考えていたとします。 札幌市に住むこの人の家庭は月あたりの支出が25万円でした。 月25万円必要であれば年間だと300万円必要な計算になるわけです。 FIREで経済的な自立と早期リタイアを実現するためには、リタイアする時...

2022/07/20

『早期退職とは自由に生きること!札幌で独自のビジョンをお持ちならおすすめです』

現在働いている会社はいつか退職すると思います。 定年による退職、独立のための退職、そして自由に生活するための退職です。 今回の記事ではFIREを運用し、自由に生活するための退職についてご説明します。 独自のビジョンをお持ちの方の為に「早期退職するためにFIREを行う利点」「自分が思い描いたビジョンとFIREの関係性」について詳しくご紹介させていただきますので今後の人生を考えた選択の一つとして是非検討いただければと思います。   ■早期退職するためにFIREを行う利点   各国で取り入れられている考え方の一つであるFIREには様々な利点があります。 そもそも、FIREとは若いうちから投資を行い将来の自分の生活ではなく、将来、自分らしく生きるための投資であり、老後を考えて仕方なく投資をする考え方とは一線を引いた考え方といえます。 FIREを行っているお客様の多くはモチベーションを高い状態で続けることが出来るため、早期退職を実現しやすい利点があります。   FIREは運用する際にはお金に関する知識や感覚を身に付ける必要があり、今後の人生において効率的にお金を運用することが出来ます。 また、自分の好きなように時間を使えるため、趣味やボランティア活動など、仕事以外を中心とした生活をすることも出来るため、通勤などを考えず住む場所や働かないことに固執せず新たな仕事にチャレンジすることも出来ます。   少し注意が必要なことは自分の生きがいについて考えた行動をすることが必要であり、自分の生きがいの中に現在の仕事がある場合は生きがいが無くなってしまうため、慎重に選択することを忘れずに選択するべきだといえます。   投資を行う際、毎月の金額が重荷となり、早期退職を断念する方も非常にいらっしゃいます。 FIREは将来の計画をしっかり行い運用していきますので毎月の投資金額を無理なく行うことが出来ます。   FIRE相談室では自分の思い描くビジョンを持った方に向けたお金の知識や運用方法をご説明することに特化しており、知りたい情報や確認したいことがあれば、詳細に説明することが出来ます。 将来を考えた計画的な投資を行いたい方は是非ご相談下さい。   ■自分の思い描いたビジョンとFIREの関係性   お客様の中に大きな夢...

2022/06/27

『FIREとは?札幌で早期退職を目指す方へ』

FIREという言葉はご存じですか? パッと聞いた際、火を思い浮かべる方も多いと思います。 FIREとはFinancial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)の頭文字をとった言葉であり、日本で目標としている方も多い考え方です。 そのため、多くの方に知ってもらえるように「FIREについて」「誰でも行える将来への準備はFIREがおすすめ」について紹介しますので、将来に不安と思う方は是非、記事を見てご検討いただければと思います。   ■FIREについて   FIREとはアメリカ発祥のムーブメントであり、若いうちに働いて投資資金を蓄え、運用益で生活できる目途が立った段階で会社を辞め自分らしく生活することを目指す考え方です。 不労所得による収入を得ながら生活のために貯蓄や資産を切り崩すことなく経済的な自立状態となることで早期退職を行い、自由に自分の時間を過ごすことが出来るようになります。   向いている方は仕事を辞めた後ビジョンがある方であり、ビジョンがなく仕事を辞めたい方には向きません。 ビジョンが明確であれば時間を有効的に使うことができ、毎日の生活を有意義に送ることが可能です。 もし、ビジョンがないのであれば、時間を有意義に使用することが出来ないため、孤独感を抱くケースもあります。   働く、働かないを自身で考えて選択できる人は向いています。 FIREを達成し、仕事を長期間辞めてしまうと再就職が難しくなります。 そのため、働くことが生きがいの人間は早期退職した後でも違う仕事を考えた上で自分がやりたいことをしっかりと選択できる方だと成功します。 正社員、アルバイト、パートなどの選択は自身のやりたいことと考え、決めていくことが最も大切といえます。   自分のやりたいことをしたいと思っている方もむいており、自由な時間とお金が出来るため、やりたかった場所や時間を選ばずにできるようになるため、非常におすすめです。 不測の事態により出費がかさみ、当初の生活予定した生活が出来なくなるリスクもあります。 きつく節約できない方で負担に感じる方は難しいかもしれません。   FIREは自由に生きるために必要な考え方であり、自身の考えた将来のビジョンを持っている方は非常におすすめの考え方です。...

2022/05/09

『あなたの夢は?』

「あなたのやりたいことは何ですか?」 「あなたの夢は何ですか?」 こう問われて即答できる人はいったいどのくらいいるのでしょうか? 今までに私が出会った人たちで考えると、『2割』くらいかと思います。 要するに10人に2人くらい。 残りの8人は 「やりたいことは何だろう…」と考えこむ。 「やりたいことが見つからない…」 「考えたことがない…」 「これから見つけたい」 一番怖い答えが 「特に夢はない」 この答えは悲しいです…。 悲しすぎます。 持つことはタダなんだから、夢は持ちましょうよ! 実は、時間の経過とともに自然にやりたいことが見つかるなんてことは少なくて、 やっぱり普段から「やりたいことって何だろう」と自分自身に問うている人が夢にチャレンジしたり、実現させたりしているのかなと思います。 まぁ普段の訓練次第ってことですね。 私は「人生でやりたいこと100リスト」なるものを作っております。 FIREの挑戦や達成にはこの「人生でやりたいこと100リスト」は重要です。 人生の夢や希望を語り合いましょう! いくら語ってもタダです。 あなたのやりたいことを教えて下さい。

CONTACT相談・お問い合わせ

老後の資金やお子様の大学資金などの
資産形成のご相談もお受けしております。

受付時間 9:00~17:00(土日祝を除く)